乾燥する頭皮におすすめの栄養補給タイプの育毛剤を探そう

男性

男性型脱毛症の改善方法

男の人の横顔

プロペシアの効果

30代からの薄毛は男性型脱毛症という進行性のある症状のため、放っておくと抜け毛は増え続け、人によっては一年も経たずにはっきりとわかるほどの薄毛になってしまいます。そのため、30代に入り抜け毛の増加を感じた際には出来るだけ早めに対策を打つことが大切です。そして、その対策として有効なのが男性型脱毛症に高い効果を発揮するプロペシアです。プロペシアは、髪の毛の成長を阻害し、ヘアサイクルを大きく乱すジヒドロテストステロンという男性型脱毛症の原因が作られるのを抑制する効果があるため、男性型脱毛症が原因の薄毛に対して優れた効果を発揮します。利用から1ヶ月後くらいから初期脱毛と呼ばれる抜け毛が一時的に増加する症状が現れますが、その症状が治まると次第に抜け毛が減り、利用開始から半年もすれば発毛効果も実感することが出来ます。

精力低下の副作用に注意

プロペシアは、男性型脱毛症が原因の薄毛に対し高い効果を発揮するのですが、人によって副作用が発症することもあります。副作用の症状は色々とあるのですが注意したいのは精力の低下です。30代前半のうちはまだ精力がそれほど低下していないためあまり気をつける必要はありませんが、40代を過ぎると精力低下が著しく進むので利用には注意が必要となります。しかし、こうした副作用は利用者全員に現れるわけではなく、発症している方は利用者全体の数パーセントとごくわずかですので、利用前から副作用に対して敏感になる必要はありません。そして、勃起力が弱まったり、精子が薄くなったりと精力低下の副作用が現れても、利用を中断すれば症状も治まり最終的にはなくなるので、副作用の症状に対して注意はしても怖がることはありません。